スケベすぎる風俗サービス

フェロモンなんでしょうね、きっと

あれだけこちらがやる気になったのは、きっと彼女のフェロモンなんじゃないかなって思うんですよ。ホームページを見た時にはフェロモンは感じなかったんです。でも、実物の彼女は色気がムンムンでした。独特の色気というか、セクシーさというよりも「いい女感」というんですかね。合コンとかに居たら大当たりだろうってレベルの風俗嬢だったんです。彼女はRというお店にいる風俗嬢なんですけど、このお店がそういったコンセプトなのかもしれません。ホームページを見る限り、美人だとは思うんですけどそこまで色気は…って思う子が多いんですけど、もしかしたら彼女のように、実際に会ったらフェロモンがムンムンと噴出している女の子なんじゃないかなって思うんですよ。だからこそ、今はそのお店を集中的に楽しませてもらっています。その方が、楽しみはもちろんですけど、男心に訴えかけるものもあるんですよね。それが楽しいので、風俗はまだまだ辞められませんね(笑)

世界が広がったのは事実です

風俗で遊ぶようになって、決して自分を正当化している訳じゃないんですけど、明らかに自分の視野は広がったんじゃないかなとは思いますよね。それまではそこまで視野とかそういったことを考えるようなシチュエーションはありませんでした。でも風俗で女の子と遊ぶと、女の子と遊ぶということそのものがいろいろなものがあるなってことに気付かされたんですよね。それもあって、風俗って本当にいろいろなことを楽しめるんだなってことに気付かされるようになったんですよね。だから風俗は女の子と向き合うのも楽しいんですけど、それだけじゃなくて女の子と会うまでのプロセスというか、ホームページとかメルマガとかいろいろなことを調べて、それらを確認する。それが自分にとっては何よりも楽しいんですよね。だから風俗のおかげで自分の中で世界が広がったのは間違いないですね。休日というか、仕事がない時の過ごし方なんかもかなり広がったような気がしますし。