スケベすぎる風俗サービス

罪悪感は持たないようにしている

恋人がいる身で風俗を楽しんでいると、罪悪感がないと言えばウソになります。でもそんなの結局は自己満足と言うか、自分が罪悪感を感じて、恋人に悪いと思っているけど、でも結局風俗を利用しているっているシチュエーションに酔っているだけじゃないかなって。本当に悪いって思うなら風俗を利用しなければよいだけの話ですしね(笑)だから風俗嬢と向き合っている時には罪悪感なんて捨てます。むしろ興奮のために、彼女を思い出すこともありますよ(笑)フェラをされている時なんかは、彼女にされているって自分に思いこませるんですよ(笑)目をつぶっちゃえば誰にされているのかなんて分からないですしね。こうして罪悪感をも楽しむようにしています。ただ、いい訳があるとすれば彼女がそういったことが嫌いだからと言うのもありますよね。こっちからすれば性欲が貯まりっぱなしなんです。それは嫌い、でも風俗に行くななんて、生殺しのようなものですよね(苦笑)

いろんな意味で口が上手でしたね

先日お世話になってきたWちゃんに関しては、いろいろな意味でとてもお口が上手な子だったなって思いますね(笑)単純に風俗嬢としてとってもフェラが上手だったという点と、お世辞が上手だったという点。やっぱり風俗嬢にとって、「口の上手さ」というものが何よりも重要なんだなってことに気付かされました(笑)いろいろな意味で彼女の口の上手さに楽しませてもらいました。お客としてはもちろんですけど、男としてもとっても楽しむことが出来たなって思っていますので、彼女のようなタイプの風俗嬢との時間は自分でもとっても楽しむことが出来たと共に、こういったタイプの風俗嬢との時間こそ、自分にとってかけがえのないものなんだなってことに気付かされたような気もしますね。快感だけを求めるのではなくて、人としての楽しさだった覚えたいものじゃないですか。この前の彼女に関しては、その両方を備えていた風俗嬢なんです。だからこそ、とっても楽しい時間を過ごせたんじゃないかなって。